清水寺のふすま絵(中島潔作)

23日の夜中NHKで、『風の画家』と言われている中島潔さんのふすま絵が完成して清水寺で2度にわたって公開されたと放送していた。

私は、中島潔さんが清水寺のふすま絵を描いている事も知らなかった

中島潔さんの絵は、皆さんご存知だと思う。

金子みすずさんの詩『大漁』のふすま絵
イワシの大群の絵には、圧倒された

ここから、ふすま絵が見れます。

その時、『峠』について語っていたが

人生、至る所、『峠』そして『峠また峠』  

峠を登っている時が一番楽しいのだろうか
この峠を登る時が一番辛いのだろうか

峠の頂で、風を体に感じて眺めた時が一番楽しいのだろうか
峠の頂で、次の峠が見えた時が一番辛いのだろうか

今年1年を振り返ってみる時間もいいわね~

-----------------------------------

今日も、午前中は仕事  

この記事へのコメント

2010年12月25日 07:53
 清水寺は時々お参りしてますが塔頭の一つの「成就院」は、いつもの参路の反対側でまだお参りしていませんでした。
 有名な舞台と音羽の滝の外に私は法然上人のの阿弥陀堂とかあり目立たなかったようです。比叡山とかでも信長の焼き討ちから逃れたお寺とか、大伽藍はこのような見落としてる塔頭が沢山ありますね。
 ふすま絵の展示は済んでいるようですが、案内によれば高台寺を借景とした庭園など…興味がありますのでいずれ又…と思います。
 ご教示有難うございました。
2010年12月25日 08:24
峠ですか。
確かに何処が良いのでしょう。
多くの人は頂上を好むのでしょうけど、吹きさらされます。
麓だと閉そく感が有るように感じられますが、穏やかに過ごせそうにも思います。
価値観を考えてみるのも良いかも分かりません。
うったん
2010年12月25日 08:36
今日も仕事ですか、頑張るね。でもヘト姉さんらしいかもね
午後からは楽しい予定がありますか

頑張ってね


2010年12月25日 09:27
中島潔さんのふすま絵
イワシの大群の絵には圧倒され
感動しました
NHKの番組で見ました。
清水寺には何度も参っているの
ですが。
人生至るところで『峠』ですね。
私は登っているときが好きです。
丁度年末、1年を振り返って
みるのもいいですね~
2010年12月25日 09:41
以前に、いわしのふすま絵のことはテレビで見たような記憶があります。圧倒されますよね。
今日もお仕事ですが、ご苦労様ですね。私はだらだらしています。
2010年12月25日 10:08
峠を意識できるのはいくつか越えてきたからこそ。
ずっと上り坂に感じている若者もいるのでしょうね。
2010年12月25日 10:18
全く知りませんでした。
清水さんの何処にあるのですかね?

小父さん余り高い峠は避けて昇らなかったですね、人生の峠は完全に下り坂後半です。
ほぼ平坦な所で安住しています、怠け者です。
2010年12月25日 13:29
人生峠を登りっぱなしでは疲れますね。
平坦地や下り坂もほしいね。
中島画伯の絵は何となく郷愁が漂いますね。
2010年12月25日 15:39
たそがれさん

私も『成就院』は、行った事が無いような気がします
観光ってうわべだけ見ているのかな
>豊臣秀吉寄進の「誰が袖手水鉢」などの灯篭や手水鉢は名品
水琴窟もあるようでいいわ~
拝観料:500円
これに特別展の料金がかかるのかな。。。
2010年12月25日 15:42
MONTAさん

私は、『峠』を何回上り下りした事か
満足感は
次の『峠』が。。。
平坦な道はがりだとつまらないかな
若い頃なら、次の『峠』も楽しみだけど段々疲れが
2010年12月25日 15:44
うったんさん

23日の大掃除で散らかった部屋の中を片付けるわ。。。
大掃除って本当に大変
いつ奇麗になるのだろう。。。
2010年12月25日 15:46
いつもばらいろさん

私も清水寺には何度も行っているけど『成就院』には、行った事が無いような気がします
次の旅行が楽しみになるわ~
『峠』を登っている途中も穏やかな景色が見れたら最高なのでしょうね~
山賊がでたら困るわ
2010年12月25日 15:49
おいちゃんさん

5月に、クローズアップ現代で放送した事もあるそうです。
見たのは、そのときかな~
本当に、圧倒されますね
2010年12月25日 15:53
moumou.h53さん

若者は、毎日上り坂でいいのです
それでなければ、成長しない
人生の糧にもならない。
ある程度の年齢になっても『峠』の上り下りを楽しめるかどうかが若い時の『峠』の上り下りの経験で決まるのかもしれない
2010年12月25日 15:55
harukiさん

清水寺の『成就院』となっていますね。
どれかしら
謂れのあるものが沢山ある庭園だわ
私は、まだ『峠』が沢山あるのが見えている。。。
諦めるわけにはいかないわ
2010年12月25日 15:57
カメさん

平坦な所にいる時に、『体力』『気力』『知力』ょを蓄えておくといいのでしょうね~
人間は、平坦な所にいる時に、『放電』じゃないけど楽してしまうから~
2010年12月25日 20:10
ふすま絵ですよね・・
唐招提寺のふすま絵を見たときは凄い迫力でした・・
床の間まで書いて有って。。
なかなか中に入れない、御影堂ですから・・
此方も見た人少ないと思いますよ。。
東山魁夷ですけど・・
2010年12月25日 20:16
京都ね~
落ち込んでいた時ずっと通ってたわ
峠・・・山を登ると目指すのよね
やっと光が見えると思うとき
下りる時も登れたとホッとする瞬間
下りればまた目指すものかもね・・・色々な意味で(^^)
2010年12月25日 20:43
拝見しましたが、何となく見た覚えがある画風です。
清水寺のふすま絵、大きな仕事を為したんですね。
2010年12月25日 22:18
ふすま絵を 見ると、
表具屋さんが すごいなあ・・と
絵を ずらすことなく
ふすまに仕立てる・
 日本の技術ですよね?
2010年12月26日 02:13
中島潔さんの絵って、妖しさがあるような
夜に眺めるとちょっと怖い。。。
ふすま絵になっていて、その部屋で眠ると
でも、清水寺で眠る事なんて、絶対無いよねぇ。
2010年12月26日 06:54
よしくん~さん

唐招提寺のふすま絵をみているのね
東山魁夷か
制作費高かっただろうな。。。
私って本当に凡人だわ
2010年12月26日 06:57
さらばぁば♪さん

『峠』の頂で、本の少しでも満足感を得られたら良しね
下った後でまた『峠』があっても登り終えた喜びが分かっていれば
何かに感謝できるわ~
2010年12月26日 06:59
桃源児さん

NHKの受信料か何かで使われていませんでしたか
私が、呑みに行っていた居酒屋に中島潔さんの絵があったのです
2010年12月26日 07:01
くれよんさん

ふすま絵も屏風もあっという間に、日本家屋からなくなってしまったわね
日本の伝統技術なのか伝統文化なのか保存させるのは難しいわ。。。
2010年12月26日 07:03
ロクデナシさん

中島潔さんの絵を見ながらほんわかして居酒屋で一升瓶を傾けて呑んでいた私
子供の顔っていいじゃない~